Martin OOO-28

GWも終わりに近づいてますが、生活必要品の買い物と週1回のランニング以外は、相も変わらず家に引きこもっております。
そんな引きこもっている状況だとギターを弾く時間も増えてきて、最近は弾き語りもするようになりました!
最初は弾き語りのレパートリーが何曲かあればいいかな~くらいに思ってましたが、いろんな曲を弾き語りしていくうちにレパートリーが増えていき、結果アコギを弾く時間がどんどん増えていき、気が付けば駆け出しのフォークシンガー気取りになってきましたw
もちろん夜の遅い時間は弾かないですし、家なので声もそこまで張る事は出来ませんが、今までやってこなかった事を新しく始めるのは楽しいもんですね!
そんな流れで、今日は自分が持っているアコギのMartin OOO-28を紹介したいと思います♫


f:id:fkdk1:20200505180647j:image
f:id:fkdk1:20200505180650j:image
f:id:fkdk1:20200505180644j:image

程よく色やけしていて、ナイスな飴色になっている面構えです(^^)

トップのブリッジ下部の辺りに、ボディ割れを修正した跡が残っていたので相場よりだいぶ安く購入出来ました!
僕が持ってるギターはこんなんばっかですねw
このギターについては、まず何より形が大好きです!
いわゆる普通のアコギの形、ドレッドノートなスタイルは座って弾いてるとデカいボディのせいか肘が張ってしまい、形もくびれが無くて野暮ったくてあまり好きではありませんでした。
とは言っても、初めて買ったアコギはドレッドノートスタイルだったんですがw
初めてアコギを買った高校生の頃は、コンパクトなボディサイズのアコギがある事を知らなかったので、初めてアコギ買った時には少し後悔しました(^^;;


トリプルオースタイルは、形もくびれてシャープな面持ちなのも良いのですが、大きさが絶妙でとても抱えやすいです。
スケールもドレッドノートよりも短めなのでテンションも少し柔らかめで押さえやすいですし、ミディアムスケールのレスポールから持ち替えても違和感なく弾けます。


音については、ボディが小さくて薄いのも関係してるのかもしれませんが、デカくて厚めなボディサイズのドレッドノートよりハイとミッドが澄んだ音で、ピックでのコードストロークでも指弾きでも音が遠くへ飛んでいくイメージです。
高音弦の音が澄んでてとにかく気持ち良いので、弾いていくうちに1~2弦が気持ち良く鳴るような弾き方になっていきましたが、こういう良い音がするギターだと自ずとそのギターに合った弾き方になるものですね!
野暮ったい音と言うよりオサレな音です!って、ザックリまとめ過ぎですがwピックでストロークしてもアルペジオを弾いても煌びやかな音がします♫


一般的なイメージでは、トリプルオーだとピック弾きより指弾きの方が合うんでしょうけど、僕は指弾きでオサレなフレーズなんかちっとも弾けないのでほぼピック弾きです。
ピック弾きであれば本来はギブソンのアコギが合うイメージで、実際に弾き語りをしてるプロミュージシャンはギブソンのアコギ弾いてる人が多いですが、僕にとってアコギの憧れってガキの頃からずっとマーチンだったんですよね。
それにギブソンは既にエレキを持ってましたので、良いアコギを買うならマーチンだろ!って事で、プレースタイルなんかは本当に関係無くこのギターをガッシガシピックでかき鳴らしております♪
指弾きでオサレなフレーズ弾くのもあこがれますが、弾く人のイメージっていうのも、ねぇ(完全に言い訳)w
いつかはアコギでオサレなソロギターとかも弾いてみたいですが、今は弾き語りをする事が楽しいのでピックでかき鳴らすスタイルで十分です!
f:id:fkdk1:20200505181021j:image
黒のレスポールカスタムとOOO-28は、自分にとってエレキとアコギで両方好きなモデルなので、どちらも訳あり品であっても今、その2本がこうやって手元にあるのが本当に嬉しいです!
ガキの頃の自分に、好きな2種類のギターは所有できると伝えてあげたいですw

そして、この2本のギターは95年製で実は同級生であると同時に、95年は僕がギターを弾き始めた年でもあるのです!

そんな年のギターが手元に並ぶのも運命なのかもしれません♫


以上、駆け出しの中年フォークシンガー気取りの愛機紹介でした!


ちなみに、今よく歌っている曲は「満月の夕」という曲です。
https://youtu.be/1MWYVRnklto
嫁さんに教えてもらった曲なんですが、ソウルフラワーユニオン中川敬さんとHeatwave山口洋さんが95年の阪神大震災の後に作った曲で、歌詞もメロディーも非常に胸に染み渡る名曲です♫

いろんなミュージシャンがカバーしていますので、もし興味がありましたら音源を聴いてみてください!

なかなかライブが出来る環境ではないですが、これからお世話になったお店とかでミニライブが出来るようになったら、真っ先にこの曲を捧げたいなと思っています。


早くみんなで音楽を楽しめる時間が戻るといいですね♫
それでは!