My new gear!な時計 SEIKO SARB033

どうもです!
4連休もあっという間でしたね。
新しくオープンした久屋大通パークに立ち寄ったり、名古屋へ来てから初めてのツーリングに行ったり、のんびり過ごしていましたがそんな中でMy new gearしたモノがあるので、紹介したいと思います!
まぁ、ギターの機材ではないのですがw


f:id:fkdk1:20200922234326j:image
f:id:fkdk1:20200922234329j:image
SEIKOの自動巻き腕時計を買いました!
SARB033という、数年前に廃番になっているモデルで新品はもう出回っていないのですが、地元のコメ兵で偶然綺麗な状態の中古を見つけました。
買う前に調べているうちに知ったのですが、グランドセイコーに似ている事から「プアマンズグランドセイコー」と呼ばれているモデルみたいですね。
確かに、グランドセイコー(以下GS)のシンプルなデザインのモデルに似ています。
f:id:fkdk1:20200922234352j:image
f:id:fkdk1:20200922234349j:image
甲斐性無しのしがないサラリーマンですし、GSは身分不相応な感じがプンプンしますので、僕にはこれくらいの時計が丁度良いんじゃないですかねw
でも、いつかはGS欲しいな~!


デザインはとてもシンプルで、後述しますが今までメインで使っていた時計よりサイズもコンパクトで軽いので、場面を選ばずに使える時計だと思いますし、これぞ大人の時計という雰囲気です。
長く使うならこういう時計ですね!
購入した価格は中古でしたので、だいぶ割安で購入出来ましたが定価も現行の機械式時計と比べて安く、その割にはものすごい丁寧なつくりをしていて、下手な6桁以上するお値段の舶来メーカーの時計を凌駕するクオリティの時計だそうです。
あまりにクオリティが高く、変に「プアマンズGS」なんて称号がついちゃったもんだから肝心のGSの売れ行きが鈍ってしまい、あえなく廃番になったとの事。
なんだかギブソンに対するオービルみたいな感じですねw
僕はオービルのギターは持っていませんが、クオリティ高いみたいで今でも中古品が、結構強気な価格設定で売られているのをたまに見かけます。
日本のメーカーが海外のメーカーに負けじと高性能なモノを、価格を抑えて作るという事に同じ日本人として誇りに思う所はあります。
そんな心意気をSEIKOには感じますし、元々ROLEX等の海外メーカーの高級時計にはそこまで関心が無かったので、現実的な所で良い時計が買えたなと思います!
まぁ、アメリカのギターをメインで弾いてドイツのバイクに乗ってる僕が言っても説得力がまるで無いんですがw


ここからは時計の遍歴等について、語ってみようかと思います。
元々はそこまで腕時計って興味無かったんです。
それこそ高校生の頃なんかは、おもちゃみたいな時計を着けていた時期もありましたw
大学に入って、当時はCASIOのG-SHOCKがすごい人気ありましたし、自分自身も所謂ストリート系なファッションに身を包んでイキっていた時期でしたので、G-SHOCKやデータバンクを着けていました。
三つ目のデザインで結構カッコよかったんですが、失くしてしまったんですよねぇ…
どこいったんだろう?
少し話が逸れますがG-SHOCKは、仕事で着ける機会は無くともプライベートで着けるのは、実はアリなんじゃないかと密かに思っていまして!
そして、僕が応援しているFC東京のスポンサーに今年からG-SHOCKが付いているんです!

 

https://www.fctokyo.co.jp/news/10991


そうなると期待するのは、FC東京モデルの発売ただひとつ!
もし発売になったら、コレクターズアイテムとしても買ってしまいそう(^^)


その後社会人となり、外回りの営業マンがさすがにG-SHOCKを着けて客先に行くのはまずかろう…って事で、メーカーの名前は忘れてしまいましたがスイス製の自動巻き腕時計を、セレクトショップで買って4~5年は使っていました。
まぁまぁゴツ目で、ダイバーウォッチに近い見た目だった記憶が微かにあります。
最初は自動巻きで面倒くさいな~と思っていましたが、使っていくうちにあの、リューズを回す操作が好きになっていったのは覚えています!
その後、壊れたか失くしたか(またか!)記憶が定かではないのですが、その時計無き後はまた時計に興味の無い時期が続き、仕事で仕方なく必要になった時にはソーラー式で数千円の安いヤツを、適当に選んで付けていた時期がありました。
携帯に時計があるとはいえ、腕時計で時間をパッと見られるのはやっぱり便利なんですよね。
安い腕時計を付けて数年経った頃に、僕が応援しているFC東京の選手が、チームカラーの青と赤のベゼルが付いた腕時計を着けている写真を見つけて、時計にそういうチームカラーが入っているモノを選ぶのもいいな~と思い、再び時計熱が高まってきます。
その選手が着けていたのはROLEXのGMTマスターというモデルで、さすがにROLEXは現実的ではないので似たようなモデルを探しているうちに、SEIKOのダイバーズウオッチを見つけました!
f:id:fkdk1:20200922234611j:image
10年前に購入して、つい最近までメインで着けていました!

ベゼルが青赤なデザインだった事が購入の決め手というか全てですねw

国産メーカーならSEIKO!というイメージは以前から憧れとして持っていましたし、実際に作りもタフで落としたりぶつけたりしても、雨でずぶ濡れになっても何ともなく普通に使えていました。

フジロックにも毎回コイツを着けて行ってましたね!

時計って普段使いするモノなので、あまりに高級過ぎる時計って多少尻込みしちゃうってのもあって、気兼ねなく普段使い出来る時計っていうのは僕の中で大事なポイントです。

ただ、10年以上も使っているとさすがに電池交換の時期を迎えまして、秒針の動きがおかしくなったりあちこち不調が見られるようになりました…
そして、デメリットはゴツくて重い事です。
昔は時計はゴツくて重い方が身に着けている感じがして、より所有感を得られていたのですが最近はそのゴツさ、重さが邪魔に感じるようになってきたので電池も交換時期だしこの機会に買い替えるか!?と、検討するようになりました。
また、数年前に週末のおしゃれ用にダニエル・ウェリントンのカジュアルな時計も買っていて、軽くてシンプルな時計に興味や関心が向いていた時期でもあったので、いいタイミングでいい時計が買えたなと我ながら思います!
f:id:fkdk1:20200922235442j:image
ベルトが靑赤w
これは週末のおしゃれ用と割り切って使っています!

軽くて着けてる感覚がほとんど無いのが、今はとても良いと思えてきます!


時計についてお話してきましたが、時計に限らず今はこういう飾り気の少ない、シンプルでクラシックなデザインのモノが好きです。
新しいモノを決して嫌っているわけではないですし、もちろん便利で高機能なのはわかっているんですが最終的に所有する事を考えると、自分の所有欲は満たせないと思うんですよねぇ…
所有して気に入るか!?って話になると、結局これまでの自分の価値観が優先されてしまって今があるのかなと。
ギターの機材にしても、最新の機能が搭載されているマルチやモデリングアンプが今ではたくさんありますけど、必要最小限の機能があればいいじゃん!って思いますし、必要になったら勉強して新しく買いますよ。くらいの気持ちです。
まぁ、単純に自分がメカ音痴で使いこなせないだろうっていう理由がデカいんですがw


ギターやバイク同様、古いクラシカルなデザインでシンプルなモノを愛でながら今後も、物欲を満たしていければと思います。
ではでは!